<< 塗って 塗って また塗って・・・ 納品覚書。 >>

3者面談。

先週バタバタした分、・・・・・というわけではないけれど
この1週間はゆっくりさせてもらっています(*^_^*)

先週末は遊園地へ。(次女のリクエスト)

昨日は花火大会へ。(長女のリクエスト)

e0013206_22454842.jpg


途中で休憩を挟みつつ・・・・・



どちらも蒸し暑くて大変だったけど

久しぶりに楽しんで来ました☆










さて。

本日のお題 「3者面談」 のお話でございます。


先週。
「高校に行っても面談ってあるんだなぁ~(ちょっとダルイ)」と思いながら臨んだ長女の3者面談。

面談も10年目になると、大体自分の子がどういうポジションにいて先生から何を言われるのか予想がつくようになります。

良くも悪くも普通の長女。
どちらかというと影が薄いという印象です。(本人もそう言ってます^_^;)


今回もきっと当たり障りのない会話で終わっちゃうんだろうなぁと思ってました。



まずご挨拶から始まり、学校での様子などの報告を受けました。

今は就職が非常に厳しいため、高1の時点でも就職か進学かを聞かれます。
(進学より就職の方がキビシイ、そんな世の中になってしまったんですね。。。)

例年の就職情勢なども聞かされて、改めてその大変さにビビリつつ話は進んでいきました。


先生 「まぁ、1学期の成績を見ると・・・一応上位のほうには入っていますねぇ。
     う~ん・・・ふんふん(成績表を見ながら)・・・・・遅刻欠席なし・・・・・ただねぇ・・・」

     (ここで長女をちらりと見て)

     「怠けてるよね?」


長女:  ・・・・・・・(苦笑い)

  私:  ・・・・・・・(素直に驚きの表情が出てたと思う^_^;)


先生 「実はですねお母さん。彼女、最初はものすごく真面目で、僕の中ですごく評価が良かったんですよ。
     でも、ここ1ヶ月くらいでなんとなく中味が見えてきましてね。
     授業中も何となくボーっとしてるんですよ。で、何にも聞いてないナァと思ったら、
     授業の最後にはノートも提出できる状態になってるし、大体は分かってる。

     あれだけぼーっと授業聞いてて理解できるなら、真面目にやればもっとできるはず!」


長女 「う、う~ん・・・ハハハ・・・」(さらに苦笑い)


先生 「現にですねお母さん、この〇〇(←専門課程なので聞いても良く分からなかった)っていう教科は
     非常に難しいんですよ。こんだけ難しい教科でこの成績が出せるのに、ほかの普通科の授業の成績が
     これだけっていうのはちょっとおかしいんですよ。(長女を見て)手抜きしてるやろ?



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

以上が面談の大体の話の流れです。


上記で私が非常に驚いた顔をしてしまったのは、
何も真面目だと思ってた長女が怠け者だと指摘を受けたからではありません。


長女が小学校の頃からず~~~~~っと感じていた「私の長女への思い」をそのまんま的確に示してくれたから。


そしてこの先生がまだ若く、しかも見た目弱々しそうな(失礼!ごめんなさい!)大人しそうな、表情だけ見ていると今にも泣きそうな顔をしているような先生だったから。

中学までどんなに担任の先生にそれを伝えても 
「まぁ真面目にやってると思いますよ?」 としか言われなかったのに。。。

まさかこの先生がこんなにも生徒の事を理解して、そして的確にそれを指摘してくれるなんて!



なんだかね、嬉しかったですよ。
先生がしっかり生徒と向き合ってくれてるっていうのも嬉しかったし、私がずっとモヤモヤと悩んでいたことが
それほど的外れな事じゃなかったとわかったので。



この長女。
一見素直そうに見えるんですが、意外と人の意見を聞き入れません。(口先では素直にうん♪と言うくせに)
かといって、強いこだわりがあるのかといえばそれもありません。
競争心もなく、モチベーションも低く、興味があるものに対してはそれなりに積極的になるものの、
多趣味なため表面をさらっと撫でるように携わったら、さらりとやめてしまいます。。。

勉強は言うに及ばず万事この調子で、なんだかふわふわとここまできてしまいました。

本人は怠けてるつもりはあまりないんだと思います。
ただ一生懸命に何かをしたこともないので、その差がわからないんでしょうね。
何にしてもそこそこ出来るというのもいいような悪いような。。。



ぬかに釘、暖簾に腕押し、馬耳東風・・・・・

この数年間、いろいろなことわざが私の頭のなかで浮かんでは消えていきました。


結論としては、本人がその気にならなければ何をしても無駄なんだなというところに落ちついた
ところだったんですが・・・・・



ということで。
先生から次の定期テストでは全教科10点ずつあげるようにというありがたい目標をいただきました(*^_^*)


ただ!!
相手が長女ですからねぇ。
先生のありがたいお説教が効くかどうか・・・・・こればかりはわかりません。。。。。






     
[PR]
by perle-rizu | 2013-08-03 00:06 | つぶやき
<< 塗って 塗って また塗って・・・ 納品覚書。 >>